火気使用についての注意

火気の取り扱いについて普段から充分ご注意をいただいていることと思いますが、出店者および来場者のみなさんの安全を確保するため、以下のお願いがございます。

必ず目を通していただきますようよろしくお願いいたします。

1、現場調理・火気使用の出店について

下記内容を必ずご確認いただき、各自ご準備いただきますようよろしくお願いいたします。

火気取り扱いについて

出店等からの火災等を未然に防ぐため、次の事項に注意しましょう。
なお、水を入れたバケツや消火器を配置しておくと、イザというときに安心です。

発電器関係

  1. 燃料漏れのないことを確認した後に使用して下さい。
  2. 燃料補給はエンジンを止めてから給油して下さい。
  3. 長時間使用する場合は加熱防止に注意して下さい。
  4. 予備の燃料は金属缶に入れて、直射日光を避け、日陰で風通しのよい監視できる場所に置いて下さい。
  5. 携行缶を使う際は、ガス抜きのネジで内部の圧力を下げてから中身を注いで下さい。

コンロ関係

  1. 不燃性の台またはテーブルとコンロの間に不燃性の板を敷いて使用して下さい。
  2. コンロの周りには燃えやすいものを置かないで下さい。
  3. カセットコンロを使用する場合、2台以上並べて使用しないで下さい。
    また、コンロを覆う大きな器具は使用しないで下さい。
  4. 使用中は“離れない”が基本です。

プロパンガス関係

  1. ボンベとホースの接続はLPガス用ゴム管を使用し、接続部には必ずホースバンドを付けて下さい。
  2. ボンベは水平な場所または水平な台の上に置き、地震等で転倒しないようチェーン等で固定して下さい。
  3. 日光でボンベの温度が上がらないような位置に置いて下さい。
  4. バーナー等の強風による立ち消えには注意して下さい。

※ガソリンは引火点が−40℃と低く、可燃性蒸気が床面に沿って広範囲拡大する特性を有することから、タンクや金属製容器等の開口部が開いたりガソリンが漏えいすると、当該場所から離れた位置にある火気、高温部、静電気等により安易に火災に至る危険性があるので注意して下さい。

レイアウトについて

現場調理の鉄板やコンロや網など熱くなるものが、並んでいらっしゃるお客様のすぐそばにあると大変危険です。
熱くなる部分を少し下げて前方に薄めの机などを置いていただくか、前方に高めのアルミ板を立てていただくなどして、お客様と鉄板や火との距離を保てるようなレイアウトの設 営にご協力をお願いいたします。

2、消火器持参のお願いについて

当日、火気を使用される出店者さんは各店で必ず消火器をご用意いただき、安全対策をお願いいたします。

消火器は4型以上のものをお持ちください。

当日持って来られない方は、火気の使用をお断りいたします。

3、その他

  1. (1)火気使用・発電機使用の方は申込みの際に備考欄に必ず詳細を記載してください。
  2. (2)不定期で安全講習会を実施することがありますのでご協力ください。
  3. (3)ストーブの使用は禁止です。
  4. (4)カセットボンベ使用の方は5〜10 月の使用をお控えください。(プロパンガス・アウトドア用のガスボンベを代用して下さい)
  5. (5)発電機等でガソリンを使用される方は、開催中の給油は決して行わないようお願いします。
  6. (6)露店等の火災予防に関しては、事業者として十分な注意を払ってください。

ルールをお守りいただき安全で楽しい一日になりますようご協力をお願いします。